日刊工業新聞社 機械・自動車・その他製造業 2002年9月27
http://www.nikkan.co.jp/hln/index.html


トヨタ、投資額と加工時間半減の新歯形成形法を完成


トヨタ自動車は26日、板素材から歯形への成形工程を縦方向にとる歯形成形法を完成し、その生産設備となる「マルチローラー歯形成形機」を衣浦工場(愛知県碧南市)に導入した、と発表した。10月から自動変速機(AT)用のクラッチ部品生産に採用する。

 同成形法はクラッチの粗材を成形機の中心部に設置。下方部に粗材を移動しつつ、両側からローラーで絞り加工する。現在、主流となっているグローブ転造法よりも機械設備が容積比で5分の1以下、投資額と加工時間が半分以下になるのが特徴。精度、生産性なども従来工法を大幅に上回るという。

 トヨタは機械設備をエヌ・エッチ・ケー・ビルダー(愛知県額田町)と共同開発し、衣浦工場のクラッチ部品の生産ラインで順次、導入を拡大。今後は海外生産拠点やグループのアイシン・エィ・ダブリュ(愛知県安城市)への導入も検討する。


マルチローラー転造盤に関する記事(一部)


Cyber Manufacturing Net
 日経メカニカル・ニュース 927日号 no.1243

*自動車技術  → http://at.nikkeibp.co.jp/readers/car2002/


日本工業新聞 9/27記事から

http://www.jij.co.jp/news/auto_list.html


日刊自動車新聞 9/27一面トップ記事から
http://www.nikkanjidosha.co.jp/after_news/2002/9.html#27

COPYRIGHT(C) NHK BUILDER ALL RIGHTS RESERVED.